理学療法

当院リハビリテーションの特徴
  • マンツーマンのリハビリテーションを行います。
  • 自主トレーニング・介助方法の指導を積極的に行っています。
  • 在宅生活を想定した動作訓練を行っています。
  • 365日リハビリテーションサービスを提供し、患者様の一日でも早い回復をサポートいたします。

装具療法

入院後早くから立位・歩行練習を開始します

脳卒中後の麻痺等により立ったり、歩いたりする事が困難になった際に装具で補助して行う事で回復を助長させる目的で行います。当院には練習を行うための装具を取り揃えていますが、必要な方には義肢装具士によりオーダーメイドの装具を作製しています。

〈1〉Gait Judge System

ゲイトジャッジシステムの紹介

ゲイトジャッジシステムは、患者様の歩行を客観的かつ簡単に評価できる歩行分析計です。タブレットで筋肉の力の入り方などを目で確認しながらの歩行練習を行うことで、リアルタイムでの歩行状況の確認ができ、一人ひとりに合ったリハビリテーションプログラムの組み立てにも活かせるメリットがあります。

〈2〉垂直認知測定

電動型垂直認知測定機装置の紹介

垂直認知とは身体が垂直であると判断する身体的・心理的能力であり、日常生活と深い関わりがあります。その垂直認知を客観的に評価を行い治療を行なう事のできる機器を設置しており、より質の高いリハビリを提供しています。

〈3〉低周波治療

低周波治療を活用しています!

低周波治療器を用いることで徒手では行えない筋肉の活動を促すことが可能です。脳卒中により麻痺した筋肉に対し電気の作用により筋肉の活動を動作の中で促したり、怪我や手術により筋力が低下した部位に対し強化を目的に低周波治療を活用しています。適応の患者様には機能回復のため、積極的にリハビリに活用しています。

ページ上部へ