外来リハビリテーションについて

日常で困っていることはありませんか?

外来リハビリテーションは、在宅で生活を送りながら当院に通院して行うリハビリテーションです。

急性期や回復期の病院を退院し、日常生活を送ることが不安な方や実際に支障が出ている方、入院はしていないが日常生活で困っている方々が、在宅生活を健やかに送れるようサポートしています。

当院の外来リハビリテーションの特色

主に筋肉や腱の損傷、骨折、脊椎疾患などの運動器疾患や脳卒中後の後遺症、脊髄損傷などを呈した方々に対してリハビリテーションを行っています。
また、装具外来やボツリヌス療法外来も行っていますので、外来リハビリテーションの中で装具や痙縮の相談も可能です。

スタッフ体制

理学療法士 2名
作業療法士 1名
言語聴覚士 1名

主な対象疾患

運動器疾患

  • 体幹・上下肢の骨折
  • 上下肢の骨・筋・腱などの損傷
  • 変形性股・膝関節症
  • 関節の炎症性疾患
  • 脊椎疾患 等

脳血管疾患

  • 脳出血
  • 脳梗塞
  • 脊髄損傷
  • 高次脳機能障害
  • 構音障害
  • 失語症 等

当院外来患者(疾患別割合)

運動器疾患の外来患者割合

脳血管疾患の外来患者割合

※令和2年4月1日~令和3年10月31日の実績となります。

外来リハビリテーションで受けられるサービス

理学療法

ケガや病気によって運動機能が低下した状態の方に、起き上がる・立ち上がる・歩くといった日常生活における基本的な動作に対して、運動療法や温熱、電気などの物理療法をなどを併用しながらリハビリテーションを行います。運動機能の回復に特化しているのが特徴です。日常生活の根幹を作るために支援します。

作業療法

着替え、料理、掃除といった日常生活における応用的な動作に対してリハビリテーションを行います。アクティビティやレクリエーションを通して心身のサポートをしつつ、在宅復帰に向けた生活支援を行います。また、高次機能障害に対するリハビリも行っており、当院では運転シミュレータを使用してリハビリすることもできます。患者様が自分らしく過ごすことができるように支援します。

言語聴覚療法

話す・聞く・食べるなどの生活するうえで必要なコミュニケーション能力を獲得するためのリハビリテーションを行ないます。高次機能障害と言語障害、構音障害、嚥下障害の改善に特化しており、自分らしい生活を構築することやコミュニケーションをスムーズに取ることができるように支援します。
※当院の外来リハビリテーションでは、言語障害の方々を対象としています。

外来リハビリテーション実施までの流れ

1. 当院に電話予約
気軽にご相談ください。
電話番号:03-5242-1108(代表)
03-3859-1620(リハビリテーション科直通)
※直通電話番号の方がスムーズに対応できます。(火・日・祝を除く)
2. 初診日の決定
初診は土曜日のみ行っており、完全予約制となっております。
3. 医師の診察
医師の診察により、リハビリテーションの必要性を判断し、医師の指示のもとリハビリテーションが開始されます。
4. リハビリテーション開始
1週間に1~2回(場合によっては3回以上)のリハビリテーションと、毎週土曜日の診察を行います。
※リハビリテーションの回数が1週間に1回の場合は、2週間に1度の土曜日に診察となります。
5. リハビリテーション終了
疾患別リハビリテーションの期限を超える場合や、目標を達成した場合など、必要に応じて最終診察をしてリハビリテーションの終了となります。

ページ上部へ