院長の挨拶

当院は、地域に根ざした包括的な医療および介護を主眼におき、回復期リハビリテーションだけでなく、介護保険下での通所リハビリテーション・訪問リハビリテーションを開設し地域の皆様に提供しております。

当院の最大の役割として、脳卒中や骨折などにより日常生活に支障をきたした患者様に対して、その機能や能力の回復を支援し、住み慣れたご自宅への復帰を実現させることであると考えております。そのためにも、われわれ医師をはじめ、看護師、理学・作業・言語聴覚士、その他の医療従事者、事務部門職員が総力を挙げて皆様のお手伝いをいたします。

そして、ご自宅へ戻られた皆様には、よりその方らしく生活していただけるようにリハビリテーション専門職のスタッフを中心にアフターサポートをさせていただいています。

また、医療法人社団苑田会グループの救急指定病院である苑田第一病院が近隣にありますので、入院中・通所リハビリ中に急変があっても迅速な対応が可能です。

今後も、地域の皆様の健康に寄与していけるよう、職員一同より一層努力して参ります。

院長 大塚 雄司(おおつか ゆうじ)

専門分野 循環器内科
出身大学 日本大学(昭和52年卒)
学会認定 日本循環器学会 専門医
日本内科学会 認定医
所属学会 日本循環器学会
日本内科学会

ページ上部へ