外科

診察のご案内

診察日時

診察時間 午前 9:00~12:00
午後 13:30~17:00
休診日 日曜・祝祭日

診察場所

診療方針

当院では低浸襲で傷の小さい腹腔鏡手術を導入しています。

われわれ外科は小さな傷の処置、脱腸の手術から、癌の患者さんの手術、そして重症患者さんの全身管理までを、他部門のメディカルスタッフと協力しながら幅広く担当しています。
特に、消化器疾患に関しては、食道、胃、大腸から肝胆膵領域までのすべての領域におきまして大学病院などの施設に負けないハイレベルな治療を提供できると自負しております。

基本的に手術療法は学会で提唱されているガイドラインに従い安全を最優先とした治療をおこなっておりますが、最も大切なことはそれぞれの患者様に詳しい病状説明を行ったうえで十分に話し合い納得いく治療を受けていただくことと考えています。その選択していただく治療方法の一つとして低浸襲で傷の小さい腹腔鏡下手術や化学療法の導入を行っています。

また救急受診の患者様についても、「救急科」および当直医との連携を密にして、24時間体制での対応を心掛けています。

消化器外科

消化器外科とは、食道、胃、大腸などの食べ物が直接通過する器官に加え、実質臓器といわれる、肝臓、胆嚢、膵臓などをおもに治療する科です。

取り扱う疾患は、急激な腹痛に襲われる胆石症、腸閉塞、虫垂炎、腹膜炎などの疾患を多くなっておりますが胃癌、乳癌、肝癌をはじめとする悪性腫瘍の切除や臓器の再建などももちろん対象疾患になります。

当院外科は、外科専門医が直接執刀、もしくは指導的助手として手術を担当いたします。また、同時に小さな創で低侵襲な治療が可能な腹腔鏡下手術も積極的に導入しています。

内視鏡外科(腹腔鏡下手術)

近年、医療技術、機器の進歩によって、腹腔鏡というおなかの中を観察するカメラを併用することで小さな創でも、安全で細かな手術ができるようにもなってきました。
それに伴い以前は炎症のない胆嚢摘出術に限られていた腹腔鏡の手技が、患者さんによっては、炎症を伴った胆嚢の手術をはじめ食道・胃・大腸といった消化管の手術にまで応用され、より小さな傷口で体に負担をかけずに手術ができるようになってきたのです。

対象となる病気と症状

症状から

病気によっては様々な症状であらわれることがありますので、まずお気軽にご相談ください。

例えば

  • 飲み込みにくい
  • お腹にしこりが触れる
  • 便に血が混じる
  • 胸焼けがする
  • 背中が痛い
  • 吐き気がする
  • 足のつけ根(鼠径部)が膨らむ
  • お腹が痛い
  • 最近急にやせた

…など

主に扱う疾患

  • 消化器(食道、胃、大腸、肝臓、胆のう、膵臓)の癌を始めとする、良悪性腫瘍
  • 腸閉塞
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍
  • 胆石症
  • 鼠径ヘルニア(脱腸)
  • 虫垂炎
  • 乳癌
  • 胆嚢炎
  • 肝胆膵疾患(肝癌、胆道癌、膵癌、膵炎)

外科は、消化管(食道、胃、小腸、大腸、虫垂、肛門)疾患、肝胆膵疾患(胆嚢、肝臓、膵臓などの良性・悪性疾患)、ヘルニア(鼠径、大腿、腹壁、臍など)などの病気に対しておもに手術治療を行う診療科です。

2020年 手術実績

手術項目 合計件数 内訳 各件数
胃癌 20 幽門側胃切除術 6
胃全摘術 10
その他 胃切除 4
大腸・直腸癌 54 腹腔鏡 28
開腹 26
肝胆膵癌 7 肝切除 5
膵頭十二指腸切除術 2
乳癌 10 乳房全摘出 10
急性虫垂炎 65 腹腔鏡 62
開腹 3
胆石症 95 腹腔鏡 82
開腹 13
総胆管結石 3 腹腔鏡 1
開腹 2
鼠径ヘルニア 41 腹腔鏡 32
従来法 9
大腸直腸良性 10
腸閉塞 36 腹腔鏡 13
開腹 23
その他 11
合計 352


内視鏡的手術のみ抜粋 件数
内視鏡的大腸粘膜切除術(長径2cm未満) 94
内視鏡的消化管止血術 92
内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 28
経皮的内視鏡下胃瘻造設術 13
内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 13
内視鏡的大腸粘膜切除術(長径2cm以上) 9
内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍胃粘膜下層剥離術) 8
内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 5
内視鏡的胆道ステント留置術 4
内視鏡的胃内異物摘出術 3
内視鏡的食道異物摘出術 3
内視鏡的胃、十二指腸ステント留置術 1
内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術(その他のポリープ・粘膜切除術) 1
合計 274

※2020年1月~12月実績

休診代診

現在、予定されている休診はありません。

担当医表

夜間・休日診療のご案内

診察場所 苑田第二病院
※救急疾患については苑田第一病院での対応になります

急遽、担当医が変わる場合がございますのでご了承ください。 は女性医師です。
(  )内の表記は専門領域です。

午前

長谷川 哲夫

鈴木 茂

降籏 正

渡邉 善広

加茂 知久

藤井 雅志

金城 龍学

牛久 敬史

担当医師

渡邉 善広

担当医師

(化学療法)

笠倉 雄一

大森 眞澄

午後

笠倉 雄一

化学療法

鈴木 茂

佐藤 順

藤井 雅志

担当医師

第3週休診

佐藤 順

佐藤 順

長谷川 哲夫

大森 眞澄

夜間

外来担当医師

副院長
渡邉 善広 (YOSHIHIRO WATANABE)

[第一病院]外科

専門・得意分野 消化器外科
肝胆膵外科
略歴 日本大学医学部 卒業
資格・所属学会 医学博士
日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・指導医・消化器がん治療認定医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本肝臓学会 肝臓専門医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本肝胆膵外科学会評議員
日本消化器内視鏡学会
日本癌治療学会
日本 圧 外科学会

外科部長
笠倉 雄一 (YUICHI KASAKURA)

[第一病院]外科

専門・得意分野 消化器外科
消化器がん化学療法
略歴 日本大学医学部 卒業
資格・所属学会 医学博士
日本臨床外科学会 評議員
日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・指導医・消化器がん治療認定医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本消化器外科学会
日本消化器内視鏡学会
日本癌治療学会
日本臨床外科学会

外科医長
加茂 知久 (TOMOHISA KAMO)

[第一病院]外科

専門・得意分野 消化器外科
消化器がん化学療法
乳がん
略歴 日本大学医学部 卒業
資格・所属学会 医学博士
日本消化器外科学会 消化器外科専門医 消化器がん外科治療認定医
日本肝臓学会 肝臓専門医・暫定指導医
日本乳癌学会認定医
日本乳がん検診制度管理中央機構 マンモグラフィー読影認定医 乳房超音波 読影認定医
デジタルマンモグラフィーソフトコピー診断講習会終了
日本外科感染症学会 外科周術期感染管理教育医・認定医
ICD精度協議会 インフェクションコントロールドクター
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
臨床研修プログラム責任者養成講習会修了・臨床研修指導医講習修了
緩和ケア研修会修了
がんのリハビリテーション研修終了
日本静脈経腸栄養学会TNT研修会修了
NST医師教育セミナー講習修了
PEG 在宅医療学会、嚥下機能評価研修会修了
日本体育協会公認スポーツドクター

外科医長
降簱 正 (TADASHI FURIHATA)

[第一病院]外科

専門・得意分野 消化器外科
消化器がん化学療法
略歴 獨協医科大学医学部 卒業
資格・所属学会 医学博士
日本臨床外科学会評議員
日本外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医
消化器がん治療認定医
日本消化器内視鏡学会・指導医
日本消化器病学会専門医
日本ヘリコバクター学会 H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医
マンモグラフィー読影認定医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
スポーツドクター
日本医師会認定産業医
緩和ケア研修会修了
がんのリハビリテーション研修終了
日本癌学会
日本癌治療学会
日本腹部救急医学会
American Associtation for Cancer Research(AACR)

外科医局員
牛久 敬史 (TAKAFUMI USHIKU)

[第一病院]外科

専門・得意分野 消化器外科
消化器がん化学療法
略歴 日本大学医学部 卒業
資格・所属学会 医学博士
東京DMAT隊員
日本救急医学会 認定専門医

金城 龍学 (KANESHIRO RYUUGAKU)

[第一病院]外科

専門・得意分野 消化器外科
略歴 中国延辺大学 卒業
日本慶應義塾大学大学院 卒業
資格・所属学会 医学博士
日本外科学会 外科専門医
ピロリ菌感染症認定医
ICD認定医
日本外科学会
日本臨床外科学会
日本内視鏡外科学会
日本消化器内視鏡学会
日本消化器外科学会
日本癌治療学会
日本創傷治癒学会
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会 修了

ページ上部へ